忍者ブログ
2016.08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/08/31 (Wed)

うつ病にはどんな症状があるの?

うつ病になると、どのような症状が現れると思いますか?
うつ病の症状は、その人によって違っています。
思考力が下がってしまったり、モチベーションが下がって無気力になってしまう、不安を常に感じてしまうなどといった症状が代表的です。ですが、うつ病というのは、息苦しさやめまい、耳鳴りなどといった身体的な症状が現れてしまうこともあるのです。
現代社会はストレス社会ですから、ストレスや悩みを抱えることによって、うつ病になる人も増えてきていますし、その症状も多くなってきているのです。
うつ病になってしまっている場合、とても憂鬱な気持ちになってしまうなどといった症状がサインとして現れることが多いです。うつ病になっていないとしても、モチベーションが上がらなかったり、無気力になってしまうこともあるのですが、うつ病ではない場合でも何かしらの悩みなどが合って、このような症状が現れます。ですので、不安に感じていることや悩みが取り除かれると、憂鬱な気持ちも解消されるものです。
ですが、うつ病になっている場合、悩みなどが思い当たらずに、数日や数週間程度、憂鬱な状態になってしまったりしているのです。何に対しても興味がわかなかったり、ネガティブな考えばかりをしてしまう、イライラしやすい、食欲が沸かないなどの症状があるのであれば、うつ病の抑うつ症状である可能性も考えましょう。
精神的な症状だけが現れるわけではなく、体調が不調になってしまうこともあります。
喉がすぐに乾いてしまったり頭痛を感じる、睡眠障害になっている、肩こりや頭痛、下痢、体重が減る、首が凝る、便秘などの症状が実はうつ病の症状だということもあるのです。特に病院に行って医師に調べてもらっても原因が分からないのであれば、うつ病が原因である可能性も疑っておいたほうがいいでしょう。
この場合、内科などの医師から心療内科の紹介状が書かれたりすることもあります。そして、心療内科や精神科で調べてもらった結果、うつ病だったと診断された人も少なくありません。
ですから、特に原因が分からないまま症状が続いてしまっているのであれば、心療内科でうつ病などになっていないか診断をしてもらうことも考えておいたほうがいいでしょう。
PR
2015/02/18 (Wed) 未選択 CM(0)

うつ病で活力が見いだせない理由

うつ病になってしまったことによって、活力が出ないとうったえるひともおおいです。
不調ではない時というのは、表情や行動として、感情であったり気力が現れるものです。しかしうつ病になってしまうと、気力や感情が行動などに現れにくくなったり、活力を生み出すことができなくなってしまいやすくなってしまうのです。
肉体的な病気とは違い、うつ病というのは、色々な面に影響を及ぼすことになります。どうしても憂鬱な気分から抜け出せないという症状なのであれば、医師としても診断をしやすくなるのですが、胃や頭に痛みを感じたり、睡眠障害や性欲が出ないなどといった症状などの場合、うつ病と診断しにくくなってしまうのです。
そのため、精神科への紹介をすることができずに、うつ病が進行してしまうということも少なくありません。上記のような症状の原因が分からなかった場合、最近の生活環境や大きなストレス、引っ越しなどといった変化がなかったかを客観的に見るようにしましょう。
うつ病は、ダムを例えにして話をすることが多いです。元気であったり、普段の生活に特にストレスや悩みを持っていない場合、ダムに十分に水が蓄えられている状態です。そして、その水が活力やエネルギーなどを作り出して、特に問題なく生活をすることができます。
ですが、悩みや大きなストレスを受けると、ダムに蓄えられた水が無くなってしまい、エネルギーなどを作り出すことができなくなってしまい、何か行動をするのも嫌になってしまってしまうのです。そして、さらに憂鬱な気持ちになることによって、うつ病の症状が進行してしまって、悪化をしてしまうことになるのです。
うつ病になってしまうと、気持ちも高まりにくくなり、行動的になろうという意欲もわかなくなってしまいます。そして、ダムに蓄えられている水はなくなってしまい、最終的にダムが干上がってしまうことになります。
脳がこの異常な状態を関知して、このままでは危険だという信号を症状としてあらわしているのです。ですから、うつ病を進行させないようにするためには、その信号をちゃんと見るようにして、適切な治療を早めにしていく必要があるのです。
うつ病というのは、自力で乗り越えるのはとても難しいものです。ですから、医師の指導の下、薬物療法を受けたり、しっかり心も体も休養させるようにしていかなくてはなりません。

精神的な病気ですから、治療をして数日程度で治るというものではないですから、気長に治療をしていく必要があると考えておいてください。
2015/02/18 (Wed) 未選択 CM(0)

鼻の下の大人ニキビはどうすればいい?

鼻の下に大人ニキビが出来てしまって恥ずかしいと思ったことがある人も多いでしょう。鼻の下に大人にきびが出来てしまうということは、疲労がたまっている状態になってしまっていたり、ストレスが蓄積されている、または内臓の機能が低下してしまっていることが原因であることが多いとされています。
鼻の周辺というのは顔の中でも皮脂が分泌されやすくなっています。毛穴は、特に鼻の下にたくさんある状態になっていますから、元々ニキビができやすい部分となっているのです。また、女性の場合使用しているクレンジングが原因となるケースもあります。
また、あまり自分では見ることがない場所となっていますから、気が付かない間に鼻の下の大人ニキビに触った後で、他の箇所を触ってしまって、めんちょうに発展をしてしまうという人もいます。このめんちょうというのは、トビヒと同じく、ブドウ球菌によってニキビが拡大してしまうというものです。
ブドウ球菌というのは、普段は特に害のない雑菌となっているのですが、毛包という毛根の根元に侵入をしてしまうと炎症の原因になってしまいます。

例えば、鼻の下などをカミソリなどで剃った場合、目に見えないような傷が毛根についてしまい、傷からブドウ球菌が入り込んで炎症を引き起こしてしまうのです。
炎症が悪化をしてしまうと、だんだん固くなっていき、おできといわれる状態に発展してしまうことになります。おできというのは、毛穴の内部にある膿が排出されると自然と治っていくことがほとんどです。
ですが、症状が改善されない場合は、抗生物質の内服薬を服用したり、軟膏を塗ったりして治療をしなくてはならなくなります。さらにおできが悪化してしまうと、切開して内部の海を排出させるようにしなくてはなりません。
結構頻繁に鼻の下に大人ニキビができてしまうのであれば、しっかりと休養して、疲れやストレスを解消させるようにしたほうがいいでしょう
2015/01/13 (Tue) 未選択 CM(0)